メニューボタン

協同組合とは

「中小企業者が互いに協力し、助け合う精神(相互扶助の精神)に基づいて共同で事業を行い、経営の近代化・合理化と経済的地位の改善向上を図るための組合」

「中小企業者が互いに協力し、助け合う精神(相互扶助の精神)に基づいて共同で事業を行い、経営の近代化・合理化と経済的地位の改善向上を図るための組合」と定義され、組合は組合員の事業を支援・助成するための事業ならば、ほとんど全ての分野で実施することが出来ます。

 

官公需適格組合とは

本組合は平成5年10月21日、中小企業庁から「官公需適格組合」として証明されました。「官公需適格組合」とは、中小企業庁が一定の条件を満たしていると証明した組合で、その要件は次のように定められています。

  1. 官公需の受注に対し意欲的であり、かつ、受注した案件について十分責任を持って納入できる経営基盤があること。
  2. 物品・役務関係の証明基盤基準及び工事関係の証明基準を満たしていること。
    広島県ビルメンテナンス協同組合は、「官公需適格組合」としてふさわしい力をつけるため、組合員が互に切磋琢磨し経営管理及び作業管理の向上に常に前向きに取り組んでいます。

 

県営住宅ガイド
組合員専用ページ